株をしている人の中には損する人と得する人が必ずいます。その二種類の人の間にはどのような違いがあるのでしょうか。その違いを知り参考にして、あなたも株で得する人になりましょう。

株で損する人得する人

ジュエリーの買取という手段!資産運用の賢い方法

ダイヤや貴金属などジュエリーの買取は立派な資産運用方法の1つです。
大切に保管してある思い出の品や形見、相続したジュエリーを買取に出せば、思わぬ高値がつくこともあります。
最初から投資を目的としてダイヤや貴金属を購入することも考えられます。
特に金やプラチナは安定した資産価値があり、世界経済がどのように変化しても一定の価値を維持することができます。
もちろんジュエリーを売却すれば税金も発生しますが、いざというときの備えとして保有しておくと安心です。

ダイヤや貴金属を売却して税金が発生する場合には、3つのパターンが存在します。
専門店や買取店への売却をした場合に発生した利益は譲渡所得とされます。事業の一環として売却した場合の利益は事業所得です。

営利目的で継続的に売却を行なう場合の利益は雑所得とされます。
ダイヤや貴金属を売却する事例で最も一般的なのは、専門店や買取店への売却です。
ジュエリーだけでなく土地や美術品、建築物などを売却して得られる利益も譲渡所得とされます。
ネットオークションなどに出品する場合は、事業所得か雑所得のいずれかに分類されることになります。

副業としてネットオークションでダイヤや貴金属などを出品している人も存在します。
そのような場合の利益は雑所得に分類されますが、オークションなどへの出品だけで生計を立てている場合は事業所得です。
ダイヤや貴金属を売却した場合でも、必ずしも税金が発生するわけではありません。
所得の種類によって課税対象となる利益額や納税の手続などが異なります。
譲渡所得の場合にはジュエリー1つにつき30万円を超えた場合に課税対象とされます。
30万円を超えなければ生活用動産とされるので課税されません。

売却額が30万円を超える場合でも全額が譲渡所得とされるわけではなく、当初の購入金額や経費を控除します。
さらに特別控除50万円を控除した額が譲渡所得とされます。
取得時の金額を大きく上回る高値で売却したような場合でなければ、税金が発生することはありません。

譲渡所得が30万円を超える場合は、税務署への申告が必要になります。
雑所得と事業所得の場合もジュエリー1点あたりの利益が30万円を超えた場合に課税されます。
譲渡所得のような特別控除はありませんが、取得金額と経費を控除して計算します。
雑所得と事業所得では経費の捉え方に違いがあるので注意が必要です。

ジュエリーを売却し雑所得で申請する場合にはオークションへの出品料などが経費と見なされますが、パソコンなどの使用機器や使用場所の家賃などは含まれません。
開業届を提出して事業所得とされる場合には、使用するパソコンの価格や家賃も経費に含まれます。
税金が課税されない可能性が最も高いのは、特別控除がある譲渡所得です。
高額なジュエリーは専門店や買取店に売却すると税金が安くできます。
ダイヤや貴金属を買取に出す場合には、経費と控除額を考慮して利益が30万円を超えるかどうかを確認することが重要です。
実際に売却する前に買取店で見積りをしてもらえば、税金が発生するかどうかを判断できます。

金など貴金属は古来から世界共通の通貨として使用されてきました。
日本でも江戸時代には小判が鋳造され、明治から昭和初期まで使用されていたのは兌換紙幣です。
現在でも貴金属は世界共通の通貨としての役割を担っています。
紙幣は国家が破綻した場合に価値がなくなる可能性がありますが、貴金属の価値が失われることはありません。

インフレーションが発生した場合には物価が上昇し通貨の価値が下がります。
一方で貴金属はインフレーションの際に価値が上昇するので、資産の目減りを防げます。
ジュエリーを保有することで、安定した資産運用が可能となります。