株をしている人の中には損する人と得する人が必ずいます。その二種類の人の間にはどのような違いがあるのでしょうか。その違いを知り参考にして、あなたも株で得する人になりましょう。

株で損する人得する人

株主優待とアコーディアゴルフ、日商簿記1級について

投資で利益を得ようと思ったら、簿記の知識が必要なのでしょうか?確かに、株式投資で利益を得るためには、ある程度経理や財務の知識があった方が良いです。でも、公認会計士のように日商簿記1級レベルの高度な知識までは、必要ありません。「日商簿記の勉強をしてから投資をする」というような準備は、不要です。企業の決算書や市場の値動きを見たりしていると、自然とある程度の経理知識が身につき、必要な経済情報に詳しくなります。そして、株で利益を得るには、大きく分けて次のような方法があります。一つ目は、値上がり利益で儲ける方法です。これは、株を安い時に買っておいて、値上がりして高くなった時に売ることで、利益を得る方法です。一般的に、「株式投資で儲ける」と言うと、この「値上がり利益で儲ける」ことを差します。二つ目は、配当金を得る方法です。配当金とは、企業が投資家に還元する利益のことです。出資した金額によって配当金の金額が決まり、いつ(年1回や2回等)、どれくらい(0%から5%等)を還元するかは、企業によって様々です。三つ目は、株主優待で儲ける方法です。株主優待とは、企業が投資家に「資金を出してくれてありがとう」という意味で渡す、金券や品物、サービス等の優待のことです。例えば、アコーディアゴルフは、グループの保有ゴルフ場や直営のゴルフ練習場の他、一部のホテルで使える優待券を、株主優待にしていますので、普段からアコーディアゴルフグループのゴルフ場を良く利用する方には、お得です。他にも外食企業では、自社店舗で使える食事券を優待にしていたり、飲料企業は自社製品の詰め合わせを優待にしていたりします。初心者のうちは、株の売買で利益を得るのが難しいと思ったら、優待狙いで投資先を選ぶのも、ひとつの方法です。どの着業にどのような優待があるのかは、各企業のホームページの他、投資まとめサイト等でも調べることができますよ。